sp_menu

新着・更新情報

ちょっと変わった庭木の見所

寒い日が続きますね・・・・・

こう寒くては庭の事なんかに思いは廻らないのかもしれませんが、こういう時こそ庭を見てみると、面白い景色に出会えることが多いので、ぜひおすすめします。

さて、この時期、花も咲かない実もならない、おまけに紅葉も終わったし葉っぱも無い。という寂しい時期なのですが、その寂しさを味わうっていう手もあります。

DSC_3524.jpg

つるりとした幹肌に縦に通った波。

ところどころ虫に食われてしまっていたり、樹皮の剥がれて色が変わっている所もあったり。

周辺に散っている落葉との相乗効果で、寂しく静寂な冬の雰囲気を上げてくれているこの木、実はカリンの木です。

160119_1.jpg

遠景でもない近すぎない、中距離のポイントになる所に植えれば、実のなっている時は開け放った窓から甘酸っぱい香りを楽しんで、こうして何もない冬は幹肌の個性的な模様を、ホットコーヒーで手を温めながらで楽しむのもいいんじゃないでしょうか?

幹肌が個性的な庭木はまだまだ沢山ありますので、外出したくない寒い日に調べてみるのも悪くないですよ。

ちなみに落葉樹は寒い冬に植えるのが適しているものが多いので、今が植込みのチャンスだったりしますので、お忘れなく。

page top