sp_menu

プラン例

舩越造園でご提案させていただいたプランの一部をご紹介します。

プラン例17

お客様たってのご希望もあり、本格的な石組庭をご提案しました。
サイズのある既存の石がたくさんありましたのでこれを活用し青石(川石)の5石組をメインとし、これも既存のソテツも活かしつつ、全体的に砂利敷きが広がる明るく開放的で、ちょっと哲学的な庭になりました。
生垣は自然石の曲線とは対照的にシッカリと直線を出せるようラカンマキを採用、高木類もカシ、グランドカバーはタマリュウと、管理しやすい植物を合わせてあります。

面積
130平方メートル
工事価格
120万円(外税)
プラン例18

バリのリゾートを少し取り入れてみた提案です。
パースでは分かりませんが、黒っぽい溶岩の石板を並べて庭の中をクネクネと歩き、最終的にパーゴラへたどり着けるような導線になっています。
砂利はあえて敷かず、握りこぶし大の真っ白なゴロタ石を使って、植栽も南国を思わせる姿をした(実際は在来種だったりするのですが)ものを多用して、よりリゾート感を出しています。パーゴラにはツルバラを誘引して、その成長と花を楽しんで頂くプランです。

面積
36平方メートル
工事価格
100万円(外税)
プラン例15

竹の垣根でポーチと庭を遮ってあった玄関脇スペースですが、竹垣根の腐食により交換を余儀なくされました。
元々、住宅の雰囲気と竹垣根の雰囲気は合わない感じだったのですが、玄関ドアの変更で益々違和感が出てきたので、アルミ製の擬木を衝立にする仕様に変更しました。
住宅と豊富な既存の植栽を繋げるポイントとなる部分ですので、その雰囲気には気を使って、3メーカーを比較検討しました。

面積
---
工事価格
20万円(外税)
プラン例16

天竜川のほとり。できるだけその感じを出したいとのご希望でした。
この辺で天竜川の石といったら丸みを帯びた川石という印象(上流の方では違う感じなのですが)ですので、丸くコロコロした雰囲気をアプローチに活かしたいと考えました。
一段高いアプローチ脇を天竜石の石積みでアクセントに御影石を挟んだ土留めにし、通路を挟んだ反対側はフラットなので粒度の小さい天竜川砂利、ポスト脇の門袖は四角いアミの中に天竜川石を詰めた壁をあしらいました。
まさに、天竜川尽くしの庭です。

面積
20平方メートル
工事価格
70万円(外税)
プラン例13

道路から玄関までのアプローチをDIYの砂利道からレンガ敷きにしたいというリクエストでした。
同時に、玄関脇から奥へ回り込む通り庭にある駐輪スペースも自転車が停めやすいようにしたいとのご要望も頂きました。
玄関までのアプローチは、赤味が印象的なレンガ調ブロックを使ってアプローチを形成。
隣地の土留め擁壁沿いには狭い植栽マスを設け、ローズマリーなど植え込むほか、ローボルト照明をあしらいました。
通り庭の駐輪スペースは簡易的に砂利が逃げないようにできる防草シートを設置し、自転車を動かしやすくしました。

面積
21.5平方メートル
工事価格
39万円(外税)
プラン例14

駐車場が狭く何とかもう1台スペースが欲しい。ついでに見た目もきれいな感じにしたい、というご要望でした。
思い切って既存の擁壁を1スパン撤去して開口部を広げ駐車スペースをコンクリート土間にて拡幅、庭と駐車場の高低差が1.2m程度出てしまうので、木造家屋の雰囲気を活かして、面がきれいに見える自然石の石積みを施工して土留めするデザインとしました。

面積
---
工事価格
86万円(外税)
プラン例11

外の門扉を開けた正面にリビングの窓があり、左斜め前方に玄関ドアのある導線でした。
既存のコンクリート塀など、導線そのものを変える事はできないので、アプローチに薄墨色のレンガを用いたり、所々正方形の石板をあしらったり、アプローチとのコントラストに黄色の強い砂利を採用したり、来客者に少しでも足下に意識を向けてもらい、目立つリビングの窓になるべく目線が行かないようなデザインを心掛けました。
また、DIYもお好きと聞いたので、白いペンキで塗った板で低めの棚を作り、そこに多肉植物や外雑貨などを飾れば、よりリビングへの視線が他へ分散するというご提案を添えました。

面積
40平方メートル
工事価格
63万円(外税)
プラン例12

敷地境界を越え道路へ越境してしまったイヌマキの生垣を目隠し機能を失わせないように越境の解消をしつつローメンテナンス化したいというご要望をうけ、京都の銀閣寺にある垣根をヒントに人が通行する高さは竹の垣根、その上部は既存のイヌマキの生垣を流用するご提案をしました。
イヌマキは枝の元の方から芽を出させ、数年かけて越境を解消させるご提案も添えました。

プラン例9

以前ご紹介したパースのバージョン違いです。
地場産の石を使わずにコンクリートブロック等を使用して、スッキリと仕切って使い勝手重視のデザインにしました。
門扉もあえて設けず、アプローチ導入口の塀を互い違いにする事で、導線に引っ掛かりを作り、内と外を精神的に分けます。

面積
502平方メートル
工事価格
450万円(外税)
プラン例10

既存の砂利庭を改修し、メンテナンスをなるべく減らしつつオープンスペースを広く取りたいというご要望に応えた形でのご提案でした。
落ち着いた黒グレー系の大きめなタイルを敷き、草とり不要で歩きやすいオープンスペースを確保、所々に照明を埋め込み、明るさも確保する計画です。
既存の庭も活かしつつ、砂利からタイルに代わった雰囲気に合うように微修正を行い、純和風の庭とタイルテラスの組み合わせに違和感が出ないよう(むしろ素敵になるよう)デザインしました。

面積
180平方メートル
工事価格
400万円(外税)
プラン例7

店舗の入り口、テラス席から見える坪庭のご依頼でした。
涼し気なカキ氷を出すお店という事で、カキ氷のおいしさが倍増するにはどんな庭が良いのか?という思いを軸に発想しました。
即興の手書きパースにてその場でご提案。
塩化ビニル製の竹を並べ、その先端にガラス製のゴロタを配し、要所に大型の植栽プランターを置き中にクロチクを植え、アユを獲る「やな」と、水のきれいな河川をイメージしましたところ、即決。面白い坪庭のご提案となりました。

ご覧になれます:四季彩堂根上り松店
https://www.facebook.com/z2754/posts/1366143686746021

プラン例8

開放的な和風の住宅です。日当たりの良い広いメインスペースをそのまま広く活かしました。庭の中央付近に、思い入れのある既存のモミジを移植し、シンボルとしました。そのモミジを回り込むようにゆったりと大きめの飛石を配し、庭外周にある花木を愛でつつミニ回遊式の庭としました。
飛び石は歩きやすさを考えると大振りでいながらも同じ大きさのものが理想だったのですが、そう都合の良いものは無く、悩んだ末、コンクリートで飛石を打設し、表面に塗装を施す方法を採用しました。
変則的に折れ曲がった門扉~玄関へのアプローチにあえて沿わせず、建物に並行するように御影の延石を配し、キリッとした規則性を出しました。

面積
90平方メートル
工事価格
150万円(外税)
プラン例5

天竜川沿いに建つ住宅のアプローチ部分です。渋いガルバリウムの住宅とお客様のご趣味を勘案し、アプローチ通路部分は黒~いぶし銀の色をしたレンガ貼りとしました。
玄関へ向かって左側が高く、右側は水平~若干低い高低差がありますので、左側は大きさを揃えた天竜川の青石を積み上げ土留めとし、その上に立木による目隠しを植栽、石積みの裾には下草をあしらって石の持つ固さを軽減する試みをしました。
向って右は同じく天竜川の砂利を敷き、左の上流、右の下流を抽象的にイメージしました。表札とポストはスリムな機能門柱を取り付け、袖壁の代わりに四角い蛇籠に天竜川石を積めた意匠的なスタイルとしました。

面積
20平方メートル
工事価格
110万円(外税)
プラン例6

珪藻土を塗ったようなテクスチャをもつ外壁の白っぽい、クリーム色っぽいテイストには白黄色の砂岩が良く似合います。
板石は玄関への導入部分に並べて配置し、角地に植栽するシンボルツリーはシマトネリコを選び、シマトネリコを中心に放射状に広がるようサークル型の砂岩を敷きます。これによって、シンボルツリーへ目線が行き、よりシマトネリコの存在感が増す事と、シンプルな構造を強調する事ができます。
※砂利敷きはDIYをご希望、生垣は既存の物を使用する前提で予算を算出しました。

面積
30平方メートル
工事価格
55万円(外税)
プラン例1

広々とした敷地に建つ平屋の住宅でしたので、伸びやかなアプローチと広さを強調する庭にしました。デザイン性の高い鋳物門扉にセパレート跡が残る打ちっぱなしのコンクリート門扉、内と外の仕切りは地場産の石を使います。広大な駐車場はリクエストにより全面コンクリート敷き。

面積
502平方メートル
工事価格
600万円(外税)
プラン例2

建物北側に位置し、玄関を開けた丁度正面に見える部分です。擬竹の目隠し用御簾垣根が隣家との視界を遮り、渋い虎竹色は屋内の和風を引き立てます。屋内に入り客間へ向かって奥へ進むと四角い陶板を敷いた上に乗る石臼には水を張り、花を浮かべて来客をおもてなしします。

面積
15平方メートル
工事価格
95万円(外税)
プラン例3

テラコッタ風の屋根を持つ住宅の奥側の庭です。オープンスペースはDIYで芝庭を想定し、その中でも核になる坪庭部分のご提案です。薄い黄色が印象的な砂岩を積み上げて花壇とし、素焼きの鉢をアクセントで置きます。花壇内には花木をあしらい、全体のバランスを取る意味でオリーブをシンボルにしました。

面積
5平方メートル
工事価格
50万円(外税)
プラン例4

和風建築の主庭です。二世帯住宅それぞれのリビングから違う庭を見せるように擬竹の垣根で仕切ってあります。明るいオープンスペースを見せるために芝生をメインにし、季節を感じる花木とマキの仕立て物を植えます。向って左手にある小玄関へ向けて枕木で導線を付けてあります。

面積
70平方メートル
工事価格
100万円(外税)

page top